ビューティー&プリティー

スキンケアの方法

スキンケアとは、化粧水や乳液などの化粧を使用して肌のお手入れをすることです。

 

スキンケアの役割

 

クレンジング

クレンジングの役割は、メイクや日焼け止めなどの油溶性の汚れを落とす役割があります。

 

そのため、メイクを行った日は必ずクレンジングを行う必要があります。

 

 

洗顔

洗顔の役割は、空気中のほこりや汗、皮脂などの水溶性の汚れを落とすこととされています。

 

洗顔料の場合はメイクの有無に関わらず、基本的に毎日使用する必要があります。

 

 

化粧水

化粧水の役割は、肌に保湿成分や美容成分を与えて、次に使う美容液やクリームをなじみやすくするために、肌を整えることです。

 

水分を含んだ化粧水を丁寧になじませることで、そのうるおいが次に使うアイテムのサポートをする言われています。

 

 

美容液

美容液の役割は、それぞれの肌が必要としている美容成分を角質層に届けることです。

 

一般的に、他の化粧品に比べて凝縮された成分が配合されていることが多いと言われています。

 

肌悩みに合わせて、しっかり選ぶことが必要です。

 

 

乳液

乳液の役割は、水分と油分を補って肌を柔らげることです。

 

一般的に、人は20代前半ころまでは皮脂の分泌量が多いため、保湿美容液や保湿化粧水を使用していれば
乳液やクリームを塗らなくても保湿できる場合もあります。

 

しかし、化粧水のみで美容液を使わない方や、もともと肌が乾燥しやすい方など油分を補うべき方は、きちんと使用しましょう。

 

 

クリーム

クリームの役割は、主に油分を補って肌を柔らげることです。

 

乳液よりも油分量が多い傾向にありますので、油分が不足しやすい方や、皮脂分泌量が低下しやすい30代後半以降の方におすすめのアイテムです。

 

 

自宅での基本的なスキンケア

 

スキンケアは自宅で行うのが基本です。

 

スキンケアの手順

 


洗顔➡化粧水➡美容液➡乳液orクリーム➡日焼け止め

 


クレンジング➡洗顔➡化粧水➡美容液➡乳液orクリーム

 

 

お手入れの方法

 

手を洗う

手は雑菌がつきやすいのでしっかりと洗いましょう

 

洗顔

洗顔は泡で洗うのが基本です。しっかりときめ細かい泡をたてて洗い、すすぎ残しがないように注意しましょう。
きめ細かい泡は、洗顔ネットなどを使うと作りやすいです。

 

化粧水の付け方

洗顔後の肌は乾燥やすいので、出来るだけ早く化粧水をつけてあげることをおすすめします。