ビューティー&プリティーorブサイク&ピッグ

紫外線が肌荒れの原因

紫外線を日常的に受けていることは肌にかなり悪影響があります。

 

人間の体はもともと紫外線による障害を修復する機能がありますが、紫外線を浴びることを何度も繰り返すうちに慢性的な反応が起きます。

 

この「慢性的な反応」というものは、日光に浴びた後から数ヶ月後に現れるもので、皮膚のしわやしみなどの障害が出てきてしまいます。

 

急性のものは数時間後の日焼けや、肌荒れ、赤みですのでこのような症状が起こった場合は注意しましょう。

 

今浴びてしまっている紫外線が、数年後の肌荒れになると思うと怖いですよね。

 

さらに紫外線アレルギーを引き起こす可能性もあります。

 

紫外線アレルギーとは?

 

紫外線を浴びると肌が赤く腫れたり、湿疹ができたりする紫外線アレルギーです。
恐ろしいのは症状だけでなく、一度発症すると完治が難しいと言われているところにあります。

 

紫外線アレルギーは花粉症と同じで、ある日突然やってきます。
この紫外線アレルギーを予防するには、紫外線を徹底ブロックするしかありません。

 

また紫外線アレルギーは、日光アレルギーや日光過敏症、日光皮膚炎とも呼ばれています。

 

一般的には問題のない量の紫外線を浴びただけで、皮膚に腫れや湿疹などのアレルギー反応を引き起こしてしまう症状です。

 

どのタイミングで発症するかは、体質や遺伝性も関係していますので、とにかく紫外線に当たらないように予防していくしかありません。