ビューティー&プリティーorブサイク&ピッグ

日常的な乾燥肌

日常的に肌が乾燥していると肌が荒れやすくなります。

 

乾燥肌とは?

 

乾燥肌(ドライスキン)は、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質や天然保湿因子などの減少により角質の水分含有量が低下している状態です。

 

皮膚の水分は、発汗、不感蒸泄(ふかんじょうせつ:皮膚または呼気から蒸気として自然に失われる水分)で減少し、体の内側または大気中の水分により供給されます。角層の水分は皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質によって保たれています。

 

乾燥肌の皮膚は表面のうるおいがなく、柔軟性がなくなりもろくなっています。

 

角層の水分量は年齢、性別、体質、気候、環境やライフスタイルなどの要因が関係しています。

 

また腎不全・粘液水腫(すいしゅ)・栄養障害、ビタミンA欠乏症など全身の病気から生じることもあります。
ネイルリムーバーに含まれるアセトンなどの脂溶性溶剤の接触で過剰な脱脂と角質細胞間脂質の漏出が生じることもあります。

 

遺伝的に角質細胞間脂質の一種セラミドが少ないアトピー性皮膚炎や角化異常を生じる魚鱗癬も重症な乾燥肌を生じる原因のひとつです。

 

肌が乾燥すると、肌を守るバリア機能が衰え、通常では整って並んでいる角質細胞が反り返り、水分が蒸発しやすくなります。

 

さらに肌に有害な細菌やカビ、アレルゲンなどが侵入し、 かゆみや炎症を引き起こします。

 

肌の乾燥はシワやたるみ、くすみなど肌トラブルなど大きなダメージを引き起こします。